アセント:スバル 北米市場専用新型3列SUVはアセント/ASCENT

公開日: 

スバルは開催中の2017年ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、開発中の新型3列ミッドサイズSUV の名称を「ASCENT(アセント)」として発表するとともに、同車をイメージしたデザインコンセプトカー「SUBARU ASCENT(アセント) SUV CONCEPT」を公開しました。
ちなみに「Ascent(アセント)」は英語で「登ること、登り坂、上昇、昇進、向上、上り勾配」という意味です。

SUBARU ASCENT(アセント) SUV CONCEPTは、スバル共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID”の下で、3列 SUVに求められるゆとりあるサイズ感に加え、スバルらしい機能性を内外装において提示します。スバルが北米市場専用車種として米国生産拠点であるSUBARU OF INDIANA AUTOMOTIVE INC.で生産する量産型 ASCENT(アセント)は、SUBARU GLOBAL PLATFORMや新開発水平対向直噴ターボエンジン等を採用し、2018年に市場導 入予定です。

【SUBARU ASCENT SUV CONCEPT の主な仕様】
ボディサイズ(全長 x 全幅 x 全高) : 5,050 x 1,990 x 1,840 mm
ホイールベース : 2,970 mm
タイヤサイズ : 275/50 R21
乗車定員 : 7 名

 

SUBARU(スバル)は2018年に北米専用の大型スポーツ多目的車(SUV)「ASCENT(アセント)」を投入する。7人乗りのアセントはスバル車の中で最大サイズの車種になる。北米で人気の高い大型SUVの投入により、スバルは主戦場でさらなる上昇を目指す。

「これまでにない広い室内空間をぜひ楽しんでもらいたい」。12日開幕したニューヨーク国際自動車ショーのプレゼンテーションの場でスバルの米国販売会社、スバル・オブ・アメリカのトム・ドール社長は、世界初公開したアセントのコンセプトモデルを前に、身ぶり手ぶりを交えこうアピールした。

アセントはSUVのDセグメントに属する大型SUVで18年に北米市場限定で発売する。最大の特徴は3列シート、7人乗りを実現した広い室内空間だ。
全長5050ミリ×全幅1989ミリ×全高1839ミリメートルと主力SUV「アウトバック」、「フォレスター」を上回るスバル車のラインアップの中で最大サイズの車種となる。北米ではガソリン安を背景にセダンからSUVを含むライトトラックへ人気がシフトしており、Dセグメントの大型SUVはもちろん「3列シート搭載車の需要が伸びている」(中村知美スバル・オブ・アメリカ会長)。

アセントの投入により北米でこれまで取り込み切れなかった子育て層など新たな顧客を獲得し、北米市場でシェア拡大を狙う。



スバルは過去に北米向け大型SUV「トライベッカ」を投入しており、アセントはその後継車種にあたる。ただトライベッカは大型SUVの位置付けだとはいえ、北米向けとしてはサイズが小さく、動力性能にも課題があった。このため販売が伸び悩み、14年に生産を終了した。
アセントではトライベッカの反省材料を生かし、北米で受け入れられるデザインを追求した。あるスバル幹部は「米国ディーラーも『これなら受け入れられる。売れる』と太鼓判を押している」と強調する。

スバル車は米国で3月まで64カ月連続で前年同月の販売実績を上回るなど快進撃が続く。一方、大型SUVを巡る競争は年々激しくなっており、トヨタのハイランダー、ホンダのパイロット、日産自動車のパスファインダーなどライバルは多い。

 

スバルにとって貴重な3列シート車だがネックも

また、スバルにとっても貴重な3列シート車だ。こうやって考えると売らない理由を探す方が難しい。

唯一のネックになりそうなのは左ハンドルしかないという点である。右ハンドルを作るとなれば、衝突安全性を含め、全てゼロからスタートしなければならず時間もお金も掛かってしまう。

早くて2年待つなど、気が長いと思えないトランプ大統領だと無理。といった事情はスバルに限ったことではない。状況次第で、トヨタや日産もアメリカで生産しているアメリカ仕様のSUVやミニバンを急遽日本に持ってくることになる。その場合、全て左ハンドルのままになることだろう。

そもそもボディサイズの大きいクルマは、左ハンドルの方が左に寄せるのも楽。狭い道でのスレ違いなど、左に寄せて待っていればよい。ETCの普及もあり、高速道路の料金所だって問題無し。日米貿易交渉の行方次第で、アセントは案外早い段階で日本に入ってくるかもしれない。

気になる価格は500万円程度か。1100万円のレクサスLXと同じくらい押し出しの効く3列シートSUVが半額で買えるなら大いに魅力的だと思う。水上バイクやバスボート、小型のモーターホームを引っ張ることも簡単にできる。スバリストならずとも大いに気になる存在だ。



スバルの新型3列シートSUVと聞いて「おお、エクシーガクロスオーバー7の後継車か?」と考えた方も多いと思うが(担当者もそう思った)、現行エクシーガクロスオーバー7は全長4780×全幅1800×全高1670㎜。

全長5mを超える「ASCENT(アセント)」は二回り以上大きいクラスで、ライバルはトヨタのランクル(全長4950×1980×1880㎜)やハマー2(全長5170×全幅2060×2020㎜)となる。

さすがにこのキングサイズをいきなり日本へ導入する、とは考えにくい。むしろ、日本市場における新生スバルの象徴となるのは(2017年4月に発表となった)「新型XV」であり、そのいっぽうで北米市場における象徴はこの「ASCENT(アセント)」とする、というような位置づけのようだ。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ush
PAGE TOP ↑