新型レヴォーグ 計1万8507台で改善対策 ステレオカメラに不具合

 公開日:

スバルは4月1日、新型「レヴォーグ」の運転支援装置(ステレオカメラ)に不具合があるとして、計1万8507台の改善対策を国土交通省に届け出た。不具合件数は34件あり、物損1件の事故が発生している。

不具合は、運転支援装置の衝突被害軽減ブレーキの制御プログラムが不適切なため、カーブ路にあるガイドポストや対向車の進行方向などを正しく認識できず、システムが衝突対象として過敏に反応することがある。そのため、意図しないところで障害物との接近を知らせる警報音が鳴り、衝突被害軽減ブレーキが作動するおそれがある。

改善対策届出番号 610 改善対策開始日 令和3年4月1日
不具合の部位(部品名) その他(運転支援装置)
不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因 運転支援装置において、衝突被害軽減ブレーキの制御プログラムが不適切なため、カーブ路にあるガイドポストや対向車の進行方向等を正しく認識できず、システムが衝突対象として過敏に反応することがある。そのため、意図しないところで障害物との接近を知らせる警報音が鳴り、衝突被害軽減ブレーキが作動するおそれがある。
改善措置の内容 全車両、運転支援装置の制御プログラムを書き換える。
自動車使用者及び自動車特定整備事業者に周知させるための措置 ・使用者:ダイレクトメール等で通知する。
・自動車特定整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・弊社のインターネットホームページに掲載する。
車 名 型 式 通 称 名 改善対策対象車の
車台番号の範囲及び製作期間
改善対策対象車の
台数
スバル 4BA-VN5 レヴォーグ VN5-002043 ~ VN5-021872
令和2年11月2日-令和3年3月18日
18,507
計1型式 計1車種 (製作期間の全体の範囲)
令和2年11月2日-令和3年3月18日
計18,507台



対象車両の製作期間は、2020年11月2日~2021年3月18日。改善対策として、全車両の運転支援装置の制御プログラムを書き換える。

国交省によると、運転支援装置の制御プログラムが不適切で、標識や対向車を衝突対象と認識し過剰に反応。誤って自動ブレーキが作動する可能性がある。これまでに物損事故1件を含む34件の不具合が報告されている。



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ush
PAGE TOP ↑